まつ毛の乾燥と年長者について

冬になると乾燥が気になるという人も多いでしょう。肌や髪の毛の乾燥ケアをしっかり行っている人は多いのですが、まつげのケアまでは考えていない人もいるかもしれません。実はまつげも肌や髪の毛と同じように乾燥するということです。寒いからといって熱めのお湯で洗顔している人も多いかもしれませんが、そうするとまつげのハリやコシが失われてしまいます。まつげは摩擦やアイメイクなどの影響で常に乾燥しやすい状態であり、冬になるとさらに乾燥しやすくなります。まつげは乾燥して傷んでしまうとしっかりと伸びないうちに抜け落ちてしまいますし、まつげ自体が細く弱くなってしまいます。まつげの毛周期はだ3週間~4ヶ月程度となっており、一日3~5本抜けて生え変わると言われています。髪の毛を洗った後はトリートメントをつけることになるのですが、まつげにもまつ毛美容液をつけて傷みをケアしてあげると良いでしょう。まつげはビューラーやマスカラなどによるダメージを受けやすく、剥がれたキューティクルをそのままにしておくとさらに乾燥が進んでしまいます。朝と夜にまつ毛美容液をつけることにより、まつげのダメージを修復することができます。まつげは上に50~200本、下に20~100本生えているため、毛穴もたくさんあることになります。皮脂や汗に強く落ちにくいアイメイク用品が増えているのですが、健康なまつげを育てるためにはしっかりとメイクを落とすことが大切です。年長者になるとまつ毛が抜けてしまうことが多くなります。しかし、美容液や育毛剤などでしっかりケアすることにより、年長者でも綺麗なまつ毛を保つことができるでしょう。年長者のまつ毛ケアについて詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみるのがおすすめです。